RTX 3060(LHR) でレッツマイニング!(etc,rvn,cfx)

ちょっと前(2021/8/21)にZOTAC GAMING GeForce RTX 3060 Twin Edge OC 12GBがドスパラで59800円で

売っていた。もしやNo-LHRと思い(今から思えばそんな事あるはずがない)買ってみた。

まぁ案の定LHR版だった。

gpu-zだとNo-LHR版でもLHR版でもGA106(LHR)と表示されてしまう。

No-LHR版かの判断はcpu-zのgraphicsタブで確認できる。

No-LHR⇒GA106-300

LHR⇒GA106-302

購入当時はRavenCoinも高かったので、これでも掘っても良いし、最悪制限ありで掘っても良いか・・・

と思った。

ところが、NBMinerから衝撃な発表があり、なんとハッシュレート70%制限でマイニングソフトを稼働すると

ある程度ethのハッシュレートが上がるものだった。(確かLHR制限化では25MH/s程度)だった。



これが今ではNBMinerのバージョンv40.1になり、34MH/s程度まで行くようになった。

ただ、やはり消費電力は大きく110Wぐらいくらう。ワッパ的には310ぐらいであまり良い成績ではない。

そこで、実際のetc,rvn,cfxのハッシュレートをご覧ください。(ethはネット上にいっぱいあるため省略)

注意)↓AfterBunnerでは細かくチューニングしていません。

・イーサリアムクラシック

何故かレスポンスが悪かった・・・

・CFX

結構ハッシュレートが出ているが、F2pool内で1日の稼ぎを計算してみると・・・ゲンナリ

・RVN

こちらはあまりハッシュレートが出ない。同じくf2poolで計算してみると・・・ハァ

ということで、結局の所イーサリアムで掘ってコンバートかけた方が効率が良いということです。

34MH/sで110wということはGTX1080よりかは効率が良いか・・・(GTX1080は私の環境では無理をさせておらず30MH/sで110w)

びみょー







この記事はどうでしたか?
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)