マイニングのライザーカードについて

最近このブログでもマイニングネタが増えてきました。

実際、どっぷりマイニングにはまっています。
ところで、マイニングするに当たり、ライザーカードが必要になります。
amazonで評判が良いライザーカードを3枚組を3つ買いました。
(まぁグラボが増えるにつれて買い足しですが)

1セット目は何事も無く認識していました。
問題は2セットを買ってから。
2セット目(確か5枚めのグラボ)をつけてからWindows10が起動しなくなりました。
画面は真っ黒。どのグラボにHDMIを挿しても真っ暗。

ただ、何度か起動しなおす(強制リセットや強制シャットダウン)とやはりWindowsは
セーフモードで回復オプションが出てくる。
何回か繰り返すとなんとか認識していました。

しばらくすると、何度やっても起動しなくなりました。
Windowsが壊れたか?と思いWindows10を再インストール。
その際は、グラボ1枚で再インストール。
特に画面が映らない事が無く無事にインストール完了。

そこからライザーを挿してグラボを増やして行こうとした時、再度画面が真っ黒。
まさか、グラボの故障か?

1枚ずつグラボを挿して行きます。
すると、GTX1080を挿した途端、起動しなくなりました。
原因はこれか!!と思い原因が判明したのは良いが次なる不安が・・・
そう、グラボの故障という問題・・・←最近グラボは高いんだから!!!

そこで、このグラボをマイニング以外で使用しているメインPCに
直挿し(ライザー経由では無く)挿し、祈るように起動ボタンを押した・・・

するとなんと認識するではないか!ほっと一安心。
原因はライザーカードか・・・
よくよく調べてみると、この手の問題の原因は中華製のライザーカードらしい。

仕方がないので、予備のライザーカードに変更して挿し直してみる。
あっけなく起動した。

結構時間がかかった。この間掘れなかったじゃないかーーー!

ちなみに、3セット9枚購入して、後日もう1枚ダメカードが出てきた。
結局2/9枚初期不良。

という事で、amazonで評判の良いカードはダメでした。
評判どおりではないので、安い6枚4990円のものを買ってみた。

作りはほぼ同じの用に思えたが、実は2箇所異なる点が・・・
・良い点・・・ペリフェラルの口が上向きで挿しやすい
・悪い点・・・SATAの電源が4ピン変換仕様から電源ケーブルから
直挿しタイプ。これは酷い。直挿しでは端子と端子の長さが狭すぎて複数挿すこと難しい。
まぁ、SATA電源を使用しない手もありますが・・・

すべてをテストするのは面倒なので、とりあえず任意の1本をテストしたら
問題なかった。また随時報告します。







この記事はどうでしたか?
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)