ジャンクな東芝REGZA DBR-Z110を買ってみた。そしてHDD換装してみた。

「WAIT」表示で先に進まない、ジャックなREGZA DBR-Z110をゲットした。

この製品はFANに問題があるようでよく壊れるみたい。

また、スペックは下記の通り。

発売年・・・2011年

HDD・・・320GB

DISK・・・ブルーレイ

録画数・・・2番組

外付けHDD・・・非対応

まあ、今思えば中途半端な製品。(当時は2番組録画でAVREC、8倍録画はまぁ良いのでは)

とりあえず天板を開けてみた。

なぜか、東芝とSHARPは500GB以下の製品に2.5インチHDDを採用している。

同じ容量であればコスト高だと思われるが・・・メリットと言えば発熱が少ないだけのようだが・・・

この時代のレコーダーは筐体が大きく結構スカスカ。ただ、メリットもある。スカスカなので熱がこもりにくいのではないか。

最近のレコーダーは小型化され空気の流れが悪く熱がこもりやすい。

とりあえず、WAIT状態で起動しないので、HDDを外しPCに装着し状態を確認してみた。

あれ?正常!!コレはラッキー。多分、何らかの理由でHDDと本体のペアリングが外れたのではないかと推測。

まぁ320GBには興味がないので、HDDを換装してみる。

用意したのはコレ↓

3.5インチHDDの1TB(WD10EARX)

この時期に発売された兄弟機DBR-Z150,DBR-Z160とは仕様が異なり、この製品は何故か本体とHDDのペアリングが必要なのでただ換装しただけでは使えない・・・

では早速マウンターに装着使用としてみるとココで問題が発生した。

HDDマンターのネジ穴がご丁寧に2.5インチ用になっている。なので、仮置きしてHDD換装を試みる。

(元のHDDの上にのっけただけ。)




換装して、電源を入れる時にサービスマンモードを起動させなければならない。

まず、電源ケーブルをコンセントに挿し起動する。

すると、HDDエラーになり、電源が落ちる。

その後、停止ボタンを押しながら電源ボタンの両方を押し続ける

この画面が出るまで押し続ける。←ココがポイント

この画面が表示されたら、「6」(シリアルNO.更新)を押す。

この画面が表示されたらOK。

次に

「5」HDDフォーマットを押す。

「はい」を押す

しばらくするとこの画面がでる。ちょっと時間がかかる。

(他メーカーの場合、進捗バーが表示されるが、この機種には無いから不安になる。)

指示通り電源ボタンを押して再起動をする。

ちなみに320GBの録画時間はコレ↓

こちらが1TB換装後の録画時間

約3倍になっている。

補足でブルーレイドライブ情報を載せます。

残念ながら、出力調整ネジは見当たりません。





  • 参考になった (15)
  • いいね (2)
  • 興味深い (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)