ジャンクな東芝ブルーレイレコーダーDBR-Z420をゲット(修理編)

電源ボタンのランプがオレンジに点滅したまま電源が落ちてしまうジャンク品をゲットした。


この機種は本体にディスプレイが無いので、エラーコードなどが出ない。

とりあえず、蓋を開けて中身を確認。

東芝製だけにやっぱりHDDは東芝だった。
この東芝シリーズ(DBR-Z310,DBR-Z410,DBR-Z510)シリーズは2.5インチHDDでDBR-Z320,DBR-Z420,DBR-Z520,シリーズは3.5インチHDDが標準装備のようだ。
ちなみにDBR-Z600シリーズ情報が無くわかりません。
多分、東芝のこのシリーズのブルーレイレコーダーはHDDを載せ換え初期化を行えば直るはず。初期化の方法はDBR-Z310編と同じですので、そちらを参考に。
という事で東芝製1TBのHDDを調達し換装した。
内部構造をみてみると、Z300系からZ400系で大きく変わった所は、
内部の基板とHDD、ブルーレイと接続する電源ケーブルが一切無くなった。

明らかにコストダウン化されている。フロントパネルへの電源などの為のフラットケーブルのみだ。
無事、初期化が完了し録画もOKだった。
残るは、ブルーレイドライブの動作チェック・・・
とりあえず、手持ちのブルーレイをセットして再生させてみた。
無事に再生されました。
録画した番組も無事にダビング出来ました。
相変わらず、東芝機は楽チンだ。
では、次回お約束のHDD換装をする予定




  • 興味深い (2)
  • いいね (0)
  • 参考になった (0)

1 COMMENT

吉田 まこと

はじめまして。とあるジャンクマニアです。いつも興味深く拝見させていただいております。私が狙っているのはこのDBR-Z420で、HDD,光学ドライブの交換を念頭に置いておりますが、光学ドライブの情報が全くありません。型番教えていただけるとありがたいのですが、お願いできますでしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)