ジャンクなオリンパス デジカメμ1060を買ってみた

先日、茨城まで行った際にハードオフに立ち寄った。

物色していたら、気になるものを発見した。

ジャンクなLYMPUS μ1060。ジャンクな理由は電池持ちが悪いとの事。

スペックはそれほど悪くない。

発売日2008年8月

画素数1000万画素

光学7倍

F値3.5~5.3

液晶モニタ2.33インチ

どうも、発売時はフラッグシップだったらしい。

電池以外不具合は見当たらないのでとりあえず買ってみた。箱はボロいけど・・・

いざ箱を開けてみると、ん!?想定していた色と違う!ピンクだ!

しまった!色を確認せずに買ってしまった。

内容物を確認してみると、一見一通りそろっているように思える・・・

しかし、詳しくみると、「xDピクチャーカード⇒microSD変換アダプター」が無い!

あぁ、そういえばオリンパスのデジカメって一時期xDピクチャーカードを使っていた事をすっかり忘れていた。

あぁ・・・レアアイテムのxDピクチャーカードなんか無い・・・

バッテリーをチェックしたが、やはりこっちもダメだった。

結局ネットで「xDピクチャーカード⇒microSD変換アダプター」と「バッテリー」を購入した。

SDカードと電源をいれてみた。

はっきり言って、液晶画面は粗いし、光学ズームもトロい。

撮影した写真を見たが、イマイチ。

やっぱり2008年製だけにもう既に9年前のシロモノ。

本体1000円につられて購入したものの、「バッテリー」、「xDピクチャーカード⇒microSD変換アダプター」を合わせると3000円近く出費してしまった。

やっぱり、年代物は買わない方が良いかと思われる。




What do you think of this post?
  • いいね (1)
  • 参考になった (1)
  • 興味深い (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)