ジャンクなCDプレイヤーSONY CDP-XA5ESをゲット

先日、福島競馬場に行った帰りにハードオフに寄ったら面白そうなCDP-XA5ESが有ったのでゲットしていたのでそのレビューを。

ジャンクな理由は「トレイが開かない」「ちょっとした振動で音飛びする」の2点。

うれしい事にリモコン付き。

とりあえず電源をいれてみた。

当たり前だが、電源が入った。すると、中でディスクが回転する音がして、

ディスプレイに数値が表示された。ジャンクあるあるの一つである

中にディスクが残っていたようだ。

とりあえず、OPENボタンを押してみた。

やっぱり反応しない。ただ、OPENしようと試みるが、ダメでまた戻ってTOCリーディングしてしまうようだ。

とりあえず天板を開けてみる。

かすかに、CDが入っているのが見える。

ただ、上部からはローディングのゴムベルトの状態がわからない。

ひっくり返し、下部からせめてみた。そして蓋を開けた。

無事にベルトが見えた。

ベルトを見た限りでは溶けておらず、ややたるんでいるように見えるが問題なさそうである。

とりあえずこの状態で電源をいれて、OPENボタンを押してみる。

ベルトが滑っているようにもみえる。

とりあえず、ベルトを外して適当なベルトをさがした。

元のベルトと比較して細い。なので、2重にしてみた。

すると、出てきた。

しかし、純正ベルトと同じようにやはり滑る。

あまり変化がみられないので、元の純正ベルトに戻してまた、OPENボタンを押してみる。

無事にOPEN、CLOSEができるようになった。原因が良く分からない。

だがしかし、再度OPENボタンを押すとトレイが出てこない。

2,3回OPENボタンを連打するとトレイが出てくる。

なんだかよくわからん現象。

CRCをかけてみたり、グリスを塗ったりしたが、トレイが一発で出てこない時がある。

たまに一発で出てくる事がある。

はっきり言ってお手上げである。とりあえず、レンズをクリーニングした。

連打すれば出てくるので、とりあえず再生チェックをしてみた。

すると、無事再生された。また、注意書きにあった「少しの振動で音飛びする」現象も発生しない。

また、イヤホンジャックも正常でガリもない。

やはり、音はいい。SONY系の音色が暖かい。

ちなみにこのCDP-XA5ESは1994年に発売されました。

当時の主な出来事はプレイステーションが発売(12/3)、アイルトン・セナがサンマリノグランプリ(5/1)で事故死しました。

そんな時代でした。





What do you think of this post?
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)