Seagete SSHD(ST1000DX001) 1TBを買ってみた

先日、ハードオフで物色していたら、面白い物を見つけた。

以前からパフォーマンスが気になっていたコレ(ST1000DX001)↓

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”text” id=”akibamac:10387328″ title=”【送料無料】TOSHIBAMQ02ABD100H バルク品 (SSHD/2.5インチ/1TB/SATA)”] [wpap service=”amazon” type=”detail” id=”B01KNE09UI” title=”Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB ゲーム向け FireCuda ( SSHDハイブリッド 8GB MLC NANDフラッシ…”]

普通じゃん!と思うかもしれないが、何が面白いかというと値段設定なのです。

通常ハードオフでは安い店だと1TBの中古HDDは3000円で買える。

そう!なんとこのHDDはSSHDなのに税込み3240円だった。

これは買うしかない!即ゲットしました。製品知識が無い店員さんに感謝!

中古HDDは、ある意味ギャンブル性が高く、前ユーザーがヘビーユーザーだと

目も当てられない使用時間と電源投入回数が表示される・・・

祈る思いで、PCに取り付けCrystalDiskInfoでHDD状況を確認してみた。

な、なんと超ラッキーな物だった。使用時間がたった131時間で電源投入回数が54回しかない

ほぼ新古品レベル。ちなみに、回転数は7200rpmだった。

早速ベンチをとってみた。こんな感じ。

(CrystalDiskInfoでは簡易的にUSBで接続しているが、

ベンチはSATAで接続しています)

なんだかビミョー。確かに普通のHDDより速いけど・・・

さて、何に使おうかな・・・2.5インチだったらそこそこ使い道があるのに・・・

おしまい。

What do you think of this post?
  • 参考になった (1)
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)