ジャンクなSONYブルーレイプレイヤー(DBP-S360)をゲット

「ブルーレイ再生不可」なブルーレイプレイヤーSONY DBP-S360をゲットした。

古い機種なので、D4端子とRCA端子がある

ジャンクなだけに若干キズが多いが仕方が無い。

ソニー製の場合、たぶんソニーのピックアップレンズを使用していると思われるので、型番が合えば復活できると思い購入した。

ただ、もし在庫と異なるピックアップの場合SONY製のピックアップは手に入りにくく、手に入っても海外での購入で高額になる恐れがある。

また東芝、パイオニア、パナソニックと修理できたが、今回のソニーは初めてなので若干不安があった。

とりあえず、電源を入れてみる。

普通に電源は入った。(通電とメニュー表示は可とあったのでココは問題ない)

ブルーレイレコーダーと同じXMB(クロスメディアバー)の画面になった。

問題のブルーレイディスクを入れてみた。

やっぱりダメだった。

という事で、いつもの事ながら天板を開けてみる。

右側に大きなヒートシンク目に入ってくる。

このドライブは初めてみるもので、「BPX-4」とある。

ドライブはソニーオリジナルで意外と密閉性が高い。

とりあえず、ドライブを外してドライブの中を確認してみる。

結構汚い。ドライブの上もちゃんと蓋があり、裏側もしっかり密閉しているのにもかかわらず、埃などがスゴイ。

ピックは予想どおり、ソニー製の「430」とある。たぶんKEM-430AAAと思われる。

やっぱりソニー製レンズはレーザー出力用のネジは無かった。

過去の経験からソニー製は調整ネジはあまり無いように思われる。

という事は、結構ヤバイ。在庫はもちろん無い。レンズを目で見てみるが汚れているように見えない。

とりあえず、いつものコレでレンズ掃除

とりあえずやる事はやったので、後は祈るのみ。

いざ、再生!すると・・・

なんとか無事に再生しました!!!

一時はどうなる事かと思った。

しかし、リモコンが無い・・・

部屋にあるリモコンを眺めていると、コレを発見した。

そういえば、学習リモコンがあった。RM-PZ210D

実はコレ以外と便利で、ジャンクなどを購入する時ってリモコンが無い事が多いが、この学習リモコンがあると、余程の特殊な操作以外はまかなえるのである。

是非一家に一台どうですか?SONY製なので、安心ですよ!

おしまい

 




What do you think of this post?
  • 参考になった (2)
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)