東芝TOSHIBA DBR-Z310 HDD換装(4)完結&再起動不能編

ついにこのシリーズの完結編をお届します。

タイトルの「再起動不能とは?」何と思うかもしれませんが、読んで行くと分かります・・・

DBR-Z310のHDD変更をいろいろやってきました。

3.5インチHDDを付けてみたり

2.5インチ1.5TBを付けてみたり

2.5インチ5TBをつけてみたりしてきました。

私は、起動しないDBR-Z320を持っているので、基盤から伸びているブルーレイ、HDDの電源ケーブルに着目しました。

DBR-Z310とDBR-Z320の電源ケーブルを見比べてみると、明らかに異なっていた。

SATA電源のコードがZ310は赤と黒の計2本、Z320は黄色、黒2本、赤の計4本ある。

では、単純にDBR-Z320の電源ケーブルを使って3.5インチのHDDを装着すると動くのでは?と思ったわけです・・・

結果・・・×

そんな簡単ではなかったのです。

その後、調べてみると、面白いものをみつけました。

それは「12Vの電源を確保できると3.5インチHDDが稼働する」といものでした。

そのサイトでは外部から12V電源を取って稼働させていたようですが、

いろいろ調べたところ、ブルーレイドライブは12Vという事が判明しました!

これは使える!!!!!!

という事で、基盤からブルーレイの電源へ延びているケーブルを一旦切断し、SATA電源ケーブルを調達し、それを半田で電源分岐をしてみました。(かなり強引)





(あとから絶縁テープで半田付けした所を覆いました)

いざ、スイッチオン!

問題なく起動した。

そして、運命の初期化を実行・・・

するとこの画面で固まった。あせった・・・

とりあえず、電源長押しでリセットを実行。

無事再起動しました。

そして再度、初期化を実施・・・

すると、すんなり再起動が行われた。もしかして成功!?

そして、HDD容量を確認してみると、普段録画時間数が表示される箇所に数値がない!失敗か!?

HDDに耳をあてると、どうもディスクが回転していないよう。(回転音が聞こえない)

だめか・・・と思いなんとなく、ブルーレイのOPENボタンを押してみた。

すると、HDDから回転音が聞こえてくるのではないか。

とりあえず、ブルーレイにディスクをセットして再生できるか確認をしてみた。

・・・無事に再生された。

再度、電源を落として、電源を入れてみた・・・

そして、HDDの回転音を確認してみると、回転している。が、しかし!

しばらくすると、回転音がしなくなった。

であれば、もう一度ブルーレイのOPENボタンを押してみた。

すると、再度HDDの回転音がする。

HDDの回転音がしている時に初期化を行うとHDDが認識するのではないかと

考え急いで初期化してみた。

すると、やはり初期化ができた。

一旦、整理してみよう

レコーダーの起動時とブルーレイのOPEN時には電源が供給するが、しばらくすると

電源が供給されなくなるようだ。

そして、ここから悲劇が始まったのである・・・

しばらくすると、リモコンのボタンを一切受け付けなくなった。

そして、本体を見ているとこの点滅が・・・

この点滅が発生すると、一切の操作を受付なくなる。なにやってもダメ!

これも、どっかのネットの情報だけど、基盤のヒューズが切れているようで、

そのヒューズは米粒ほど小さく、とても交換できるようなものではないとの事。

そう、これが「再起動不能」なのです。ガックシ

そして、DBR-Z310さようなら~

(基盤交換は4万円するそうです。だったら最新機種の新品買うわ!)

おしまい。




What do you think of this post?
  • 参考になった (20)
  • いいね (4)
  • 興味深い (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)