ジャンクなPIONEERブルーレイプレイヤー(BDP-330)をゲット

ジャンクな2010年製パイオニア製ブルーレイプレイヤーBDP-330をゲットした。

ジャンクな内容は、「ブルーレイ再生できません。」

前回BDP-320を修理したので、今回も修理可能かと思いゲットしてみた。

とりあえず、ブルーレイディスクを入れてみる。

ディスクの回転音はする。

しかし、しばらくすると「カラン、カラン」と音がする。

これは、やっぱりダメなパターン。

そして、本体の画面には「NO DISC」と表示された。

仕方が無いので、天板をあけた。

ドライブの型番はよくわからん「OXA8037」

価格.COMの情報では、このBDP-330はシャープ製らしい。ホントかどうかは分からない。

とりあえず、ドライブの蓋を開けようとした・・・

が、しかし、この機種ドライブと本体がネジで止まってなくて不思議な構造をしており、ドライブ単体を取り出す事が難しい。

なので、ドライブの蓋だけを取り外してみた。

見た事がないモデルだった。さらに、出力調整ネジがなかった。

とりあえず、レンズクリーナーで磨いた。

そして、ブルーレイをセットしてみた。

ちなみに、このブルーレイディスク「TOWN」は私が買った物では無い。

いつかジャンクなブルーレイを買った時、中に入っていたもの。なので、観ていない・・・

チェック用!?

「READING」で読み込もうとしている。

しかし、再生されなかった。残念・・・またゴミが増えた・・・

と思って、ディスクを出し、もう一度入れてみた。

すると・・・何故かちゃんと回転し、「カラン、カラン」と音が無い。

そして、本体ディスプレイもカウントしている。

しばらくすると、画面がでた。

なぜかよく分からないが、再生ができた。

そのあと、違うディスクを入れてもちゃんと再生できた。謎多きプレイヤーだ・・・

おしまい。




What do you think of this post?
  • 興味深い (1)
  • いいね (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)