ジャンクな東芝REGZA DBR-Z150を買ってみた

先日、リサイクルショップでREGZA DBR-Z150をゲットした。

ジャンクな理由は「HDDありません。ブルーレイ再生しました。」とあった。

若干心配なのは、HDDマウンターとネジがあるかどうか・・・

東芝REGZAシリーズは基本的にHDD換装が可能だし、まぁなんとかなると思いとりあえず買ってみた。
基本性能はこちら

2番組同時録画
USBHDD対応
1TB HDD

なかなかのスペックである。まだまだ使えそう。




外付けUSBHDDが使用可能。

いざ、「マウンターとネジがありますように」と祈るように天板を開けてみた。

すると・・・

あった!!!!ラッキー!

コレでリストアができそうだ。

ブルーレイはAM4だった。

とりあえず、3.5インチWD10EARXをつけて電源を入れてみた。

WAIT画面が表示され、電源が切れた。

すかさず、電源ON!

HDD異常が表示されるので、決定キーで「了解」を押す。

すると・・・

この画面になる。

すかさず、「はじめての設定/管理設定」、「HDD/ディスク管理」でフォーマットしようとすると

時刻が設定されていないので、初期化できないメッセージが・・・

とりあえず時刻設定をして

いざ、初期化。

初期化が完了すると画面が真っ暗になります。

「録画機能設定」→「録画品質設定(初期値)」をみてみると

DRモードで92時間と表示されている。

無事認識されているようだ。

無事換装されました。

おしまい。





  • 参考になった (6)
  • 興味深い (2)
  • いいね (0)

4 COMMENTS

酒井 英夫

とても良いJunkでしたね。こちらで入手したのはHDDだけ異常だったはずなのに基板とかもっと多くの異常があったようで東芝へ行きました。

返信する
へっぽこAS400プログラマー

コメントありがとうございます。
いわゆる「当たり」junkです。ハードオフはその店junk商品を何度も見ていると、店員のスキルが分かってきます。
知識があまり無い店員だと安くて良いjunkに出会えるかもしれません。
また、商品説明が細かく記載しているかで店員のレベルが分かると思います。

返信する
「ジャンク品は返品不可」って聞いてないよ!!

ハードオフは秋葉原店と上野店で店舗の方針が全く違う。
秋葉原店はジャンク品はちょっとした動作確認すらさせてくれない(特に店長が無愛想極まり無く、客を選び、気に入った客には尋常では無い程に愛想が良い)。
上野店のアルバイトも無愛想なボーヤがいる(知識は皆無)。レコーダーのHDDの件を問合せした所「フォーマット済だが初期化はしていない」と宣う始末。
但し秋葉原店と違い「簡易動作確認コーナー」の様な場所が有り、電源が取れるので品物の通電や動作確認が出来る点は良い。
秋葉原店で購入→上野店で動作確認、も考えたが、「ジャンク品」なので交換や返品不可だろうし、現状では行っていない。
秋葉原店にもこの様なスペースが有れば良いのだが、アノ無愛想な店長では無理だろう。

返信する
へっぽこAS400プログラマー

ハードオフもいろいろありますからねぇ。私としては、知識があまり無い店舗の方が値段設定ミスで異常に安い場合があるのでうれしい。(逆に高い場合もある)
価格設定でその店の知識レベルが分かる。だから、価格設定で高額の場合はほぼすべての商品が高額になっており、その店は「さよなら」ですね。
JUNKについては店員に状態を確認することはほぼ無く、欲しい商品に意味不明な状態コメントがある場合のみです。自己責任というヤツです。
また、店舗で動作確認チェックも1回もしていません(笑)1発勝負です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)