ジャンクな東芝Dynabook Ultrabook R632/Fを買ってみた(現物見ずに)(1)

競馬場に行くときにデータ派の私は必ずPCが必要になる。

その為、薄くて電池持ちが良いPCを探していた。そしたら、良さげなジャンク品を発見した。

このジャンクPCはネットで下記の状態で売っていた。

・本体画像なし(液晶にキズは無いとの事)

・ CPU:Core i5 3427U(Ivy Bridge)/1.8GHz/2コア

・HDD無し

・Memory:2GB

・もちろんOS無し

bios起動OK

・バッテリOK(劣化度合いは不明)

・ACアダプター無し

お値段5,000円!(税込)送料別。

さぁ、あなたなら買いますか?

買う前に念のため、自分のPCパーツの在庫状況を確認してみた。

1)ACアダプターある

2)HDDはmSATAしかダメなようだが、在庫がある

とりあえず、動作チェックは可能と判断して購入に至った。

で、届いた物がこちら

まずは外観から

結構、汚れている。いや、かなり汚れている!

裏も結構汚れている。

ディスプレイを開けてみた

ディスプレイにはキズは無いようだ。

ただ、フレームは結構酷い事になっている。

キーボードの文字消えは無いが、キーボード周りも汚れている。

右側のパームレストにヒビが入っている。

やっぱり値段相応か・・・

でも、この薄さは魅力的。

次回、mSATA取り付け、メモリ増設、OSインストールなど




What do you think of this post?
  • 興味深い (2)
  • いいね (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)