パイオニア(PIONEER)ブルーレイプレイヤー BDP-3130をゲット

「トレイが開きません」「トレイの蓋がありません」のジャンクなブルーレイプレイヤーをゲットした。
トレイが開かない理由は、ベルトか中のローディング機構に問題があるかと思い、購入をした。

14年製
[wpap service=”with” type=”detail” id=”B00ZQURWCS” title=”Pioneer ブルーレイディスクプレーヤー アップスケーリング/音声付き早見・遅見再生機能搭載 ブラック BDP-…”]

とりあえず電源をいれてOPEN/CLOSEのボタンを押しても反応がない。
画面もローディングする画面が表示されるが、反応しない。
やっぱり、注意書き通りだった。

「ヤ、ヤバイ」と不安がよぎった。
これはもしかして、基盤不良化か?
とりあえず、天板を開けてみた。

そして、ケーブルなどの配線を挿し直して、再度電源を投入。

やっぱり、反応がない。
あぁ、基盤不良か・・・このパイオニア製のブルーレイプレイヤーは基盤不良でジャンク品を大量に見かける。
こればっかりは直せない。
もしかしたらと思い、パイオニアのホームで新しいファームが無いか確認をしてみる


残念!ありませんでした。
はい、終了!!
また一つ家にゴミが増えました。

ピックアップ情報は下記のとおりです。

シングルレンズ

Sony KEM4800AAA



What do you think of this post?
  • 興味深い (1)
  • いいね (0)
  • 参考になった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)