SONY BDZ-ET2000 外付けHDD玄人志向(GW3.5AA-SUP/MB)が認識しなくなった

ソニーBDZ-ET2000に接続してあった玄人志向(GW3.5AA-SUP/MB)+SEAGETE 3TB(ST3000DM001)のHDDが突然、認識しなくなった。

 

BDZ-ET2000に電源を入れると「USB HDDを認識できません」と表示される。

本体設定から、HDD診断を行うと「正常」と表示される。

とりあえず、ググってみて解決方法を模索してみた。

そしたら、リセットボタンや、USBHDDの電源を切ってみるといいと有った。

しかし、上記2つを試みたがダメだった。はっきり言ってお手上げ。

実は、以前(2016/11)にも同じ事が発生した。そのときはUSBHDDの位置を移動したりしていたので、

偶然接触不良で認識しなくなったのではないかと、簡単に考えていた。

その当時はUSBHDDにそれほど、大事な物を撮りためていなかったので軽く考えていた。

↑コレが甘かった。

今回、3TB中2TBぐらい撮りためていたし、まだ観ていない物まで大量にあったのでかなりブルーになった。

はっきり言ってUSBHDDケースが悪いか、SEAGEATE3TB(ST3000DM001)が悪いか分からない。

2度目という事で、今回はUSBHDDケースを変えて接続してみた。

今回のものは、なんと8TB対応でちゃんとクーリングファン付きなので、夏でも大丈夫だと思う。

まぁ、確かにSEAGATE3TBは7200回転のHDDなので、熱暴走したのかもしれない。

コレばっかりは、使ってみないと分からない。

もし同じ組み合わせで使用している方は注意が必要です。早めにBDに焼いた方が良いですよ!

後日、搭載しているHDD(ST3000DM001)を調べた所、とんでも無いダメHDDという事が判明した。

価格.COMの掲示板では、物理的クラッシュなど有るらしい。

ただ、玄人志向のケースの不良を信じて使用してみます・・・(あまり大事な物は入れないようにします)





What do you think of this post?
  • 参考になった (1)
  • いいね (0)
  • 興味深い (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)