ジャンクなブルーレイレコーダー三菱DVR-BZ350をゲット

ジャンクな三菱のブルーレイレコーダーDVR-BZ350(2011年製)をゲットした。

三菱といえば以前、HDDをガチャポンできるとして一世風靡したDVR-BZ130を思い出す。

たしか、ラジオライフか何かの雑誌にのり、なかなか手に入らなかった事を思い出す。

(結局、手に入れなかったが)

今回は同じメーカー三菱をゲットした。ジャンクな理由は「ERR FAN」が表示されるもの。

この「ERR FAN」は東芝のD-BZ500,D-BZ510,BDR-Z110の持病として有名であるが、三菱にも同じ持病があるのか?と疑問を抱いた。

とりあえず電源をいれてみた。

やっぱり「ERR FAN」がでた・・・あぁ・・・

しばらくして下の画面になった。

東芝製の場合、FAN自体の耐久性が悪くFAN交換が必要になる。また、そのFANは特殊でなかなか手に入らないらしい。

はたして三菱製はどうなることやらと思い天板をあけてみた。

2010年ぐらいはブルーレイ過渡期で筐体が大きく、なかはスカスカな物が多い。

ただ、コレはコレで、排気がこもらないのでアリかなぁとか思う。

HDD、ブルーレイドライブは本体と汎用コネクターで接続されているので助かる。

写真の左したにFANがみえる。

ハードディスクはなんと、1TBのSAMSUNG製だった。なんだかなぁ・・・

ブルーレイドライブのメーカーはわかりません。

とりあえず外して、埃を取り除きCRC(KURE556)でベアリング部分にシュッと一吹きしてみた。

そして祈りながら電源を入れてみた。

HELLOの文字が・・・

HDDは死んでいなかったので、無事起動できた!



  • 参考になった (5)
  • いいね (1)
  • 興味深い (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)