ジャンクなPanasonic DIGA BRT210を買ってみた。

電源をいれたら「please wait」の表示から進まないPanasonic Diga DMR-BRT210をゲットした。

とりあえず天板を開けてみた

まぁ、DIGAの普通のつくりだった。

HDDはウェスタンデジタルの500GBのAV-GPモデル。

ブルーレイはVXY2135だった。

「PLEASE WAIT」で先に進まないジャンク品はいつもの事なので、とりあえずHDDを取り外そうと

HDDの電源ケーブルを抜こうとした。

すると、抵抗も無く「スルッ」と取れた。

どうも、HDDの電源ケーブルが抜けていたらしい。こんな事は初めてだ。

もしかして!と思い、電源ケーブルをつけ直して、再度、本体の電源を入れてみた。

するとあっさり起動した。

とりあえず、HDDの初期化をしてみた。

無事フォーマットも完了した。

ある意味「当たり」を引いたようだ。ラッキー!

とりあえず、HDDを抜いてCrystal DiskInfoでHDDの状態を確認してみた。

残念な事に、電源回数5492回で使用時間28876時間だった。

はっきり言って、いつ壊れてもおかしくないレベルだ。

一通り、番組録画、DVD、BD録画再生をテストしてみたが、問題なかった。

おしまい。





What do you think of this post?
  • 参考になった (2)
  • いいね (1)
  • 興味深い (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)